◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
歌詞 無料 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
検索サイトはコチラ


集結の運命

唄 林原めぐみ
作詞 MEGUMI
作曲 鷺巣詩郎

真実を求め淋しさにゆれてる
明日からの旅立ちは遠く果てなくて
くり返す
過ちがあると
つげているその声が

そして
冷酷なまでに惹かれあうぬくもり
怪しくかおる微笑みはいつも同じ
くり返す
投じられた謎
光と壁の間

何があるの
愛があるの
夢があるの
何もないの

舵を失ったまま箱舟が
生命(いのち)の螺旋構造へと沈む

生まれたての息吹
青葉くわえた鳥達が
闇を抜けた
真(まこと)の知らせ告げて飛ぶ

誰も 見ない 啓示が下る

全て
託された遺言に導かれてる
今なおここから見届けるため捨てた
いつだって
求めすぎた時
指をすり抜けていく

何がほしい
愛がほしい
夢がほしい
君がほしい

怒りにまみれ泣きはらした日々
希望に変えるため心を塞ぐ

祈りの歌声が響く
ミサと共に目覚め
旋律こそ
懺悔に導く術(すべ)だと

誰も 知らぬ 予言が開く

すでに
きまりごとは自由をはらんで動き
止められない運命に運ばれたとき
くりかえし
さかのぼる未来
源すら忘れて どこへ行くの

天(そら)へ返そう
海へ帰ろう
残されてる 言葉たちは
欲望の生贄となる

誰も
真実を求め淋しさにゆれてる
明日からの旅立ちは遠く果てなくて
くり返す
過ちがあると
つげているその声が

そして
冷酷なまでに惹かれあうぬくもり
怪しくかおる微笑みはいつも同じ
くり返す
投じられた謎
光と壁の間

何があるの
愛があるの
夢があるの
何もないの

何がほしい
愛がほしい
夢がほしい
君がほしい



戻る

携帯でキャッシング
サイトを探すなら
TOP

(C)歌詞 無料